セルフダーマペンのやり方【美容外科を参考に】

セルフダーマペンのやり方【美容外科を参考に】

 

準備するもの

こちらに詳しくまとめています。

こちらの記事で解説していますが、「ダーマヒール」はおススメです。

大きな流れ 10ステップ

①ダーマペンの針を消毒する(自分はエタノールを使用)
②ダーマペンに針をセットする
③洗顔後の清潔な状態で、顔全体に麻酔クリームを塗布をする
⓸麻酔した顔にラップをする   ~30分放置~
⑤麻酔を落とす ※お湯洗い厳禁。水洗いする。
⑥エタノールをティッシュなどに浸し、肌全体を拭いて消毒
⑦肌にダーマヒール(4種の成長因子)を塗布
⑧ダーマペン開始
(美容クリニックでは、縦、横、斜め、逆斜めの4方向をやっています)
⑨1個所ダーマペンを終えるごとにダーマヒールを塗布
⑩ダーマペン終了後、必要に応じて、フェイスパックでクーリング
⑪ワセリンを塗布(私はそのまま就寝)

 

①ダーマペンの針を消毒する

最初に、針を消毒しましょう。

自分はエタノールを使用しています。

②ダーマペンに針をセットする

ダーマペンによって異なるようですが、自分が持っているダーマペンは、

針を回すようにして、つけることができました。

毎回、新しい物を使います。

③麻酔クリームを塗布

洗顔後の清潔なお肌の状態で、顔全体に麻酔クリームを塗布しましょう。

麻酔クリームをケチると、けっこう痛いです。

薄くではなく、厚くたっぷりと、顔全体につけていきましょう。

⓸麻酔した顔にラップをする~30分放置~

麻酔クリームを塗り終わったら、ラップをして30分放置しましょう。

⑤麻酔を落とす

麻酔クリームを水洗いで落としていきます。

お湯洗いは厳禁です。

必ず水洗いで落としましょう。

⑥顔を消毒する

エタノールをティッシュなどに浸し、肌全体を拭いて消毒しましょう。

⑦肌にダーマヒール(4種の成長因子)を塗布

ダーマヒールを塗っていきます。

こちらもケチらずに、たっぷりと塗っていきましょう。

⑧ダーマペン開始

顔全体を顔全体をダーマペンで刺していきます。

・スタンプしながらやる方法

・スライドさせながらやる方法

があります。

美容クリニックでは、スライドさせて使用しているクリニックが多いです。

私も真似して最初はスライドさせていたのですが、美容外科で使用しているダーマペンと市販で購入できるダーマペンには、回転速度に違いがあるため、自宅でやる際にはスタンプ式の方が、より効果を感じています。

⑨個所ごとにダーマヒールを塗布

右ほお、左ほお、鼻、口周り、おでこと、箇所ごとにダーマペンをしていきます。

1つの個所をを終えるごとに、ダーマヒールを塗布しましょう。

⑩フェイスパックでクーリング

BENEVのフェイスパックでクーリングをします。

⑪ワセリンを塗布

私はワセリン(サンホワイト)で保湿し、そのまま就寝しています。

針の深さはどうする?
私は2.0~2.5㎜で行っています。

針の深さによって、期待できる効果が異なります。

そのため、どのような効果を求めてダーマペンをするのかによって、針の深さを決める必要があります。

とはいえ、初めての方がいきなり2.5mmというのは、危険ですので、深くても2.0mm程度にしておいた方がいいかと思います。

針の深さごとに期待できる効果は下記のとおりです。

0.5mm 表皮のターンオーバー促進
1.0mm 毛穴
1.5mm 毛穴&小じわ
2.0mm ニキビ跡、クレーター
2.5mm ニキビ跡、クレーター 

 

セルフダーマペンのやり方&使い方を動画で

 

ここまで説明してきましたが、実際の動画を見たほうが、断然わかりやすいですし、イメージも湧きます。

必要に応じて早送りして頂き、ご覧ください。

 

今回使用したアイテムはどこで買ったの?

こちらの記事で詳しく解説しています。

セルフダーマペンの流れ

ほぼノーカットで撮影してみました。
必要に応じて早送りして頂き、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気記事

 

セルフダーマペンに必要な準備は?美容クリニックを参考に

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です